2010年8月25日付 延辺日本人会ニュース

■延辺の天気
今日の最高気温25℃、最低気温15℃、日の出4:37分、日の入り18:09分です。8月23日は二十四節句の「処暑」でした。朝晩が涼しくなる頃の意味ですが、今年の延吉は少し暑めです。日本の猛暑に比べればはるかにましですが、ここに住んでいると暑く感じます。8月17日から21日まで、ロシアのウラジオストクに出張してきた友人は思った以上に蒸し暑く、これほど蒸し暑いロシアは、初めての経験だと言っていました。


■行事
9月19日(日)に延辺日本人会総会を予定しております。

詳細は次回のニュースでお知らせいたします。
 

■延辺ニュース
【琿春−東寧鉄道を敷設へ】
吉林省・琿春−黒龍江省・東寧鉄道の敷設準備事業の進展が加速化しています。 琿春−東寧鉄道の全長は203.6km、そのうち琿春地域内の鉄道の長さは115.9km、東寧地域内の鉄道の長さは 82.7km、投資予算総額は75億元で、そのうち琿春地域内の投資額は44億元、東寧地域内の投資額は31億元であり、施工期間は4年です。 琿春−東寧鉄道の建設資金は鉄道部と黒龍江省、吉林省で共同投資され、鉄道等級は1級、列車時速設計水準は時速120km、琿春地域内は春化駅、三道溝駅、琿春駅だ。 (黒龍江新聞 ユン・ウンゴル記者 2010年8月10日)
 

【吉林−琿春鉄道、年内に着工、2012年に竣工】
先日、吉林−琿春鉄道専用線建設プロジェクトが正式に国家発展改革委員会の批准を受けました。これは長吉図地域の通路建設がまた重要な一歩を踏み出したことを意味します。 吉林−琿春鉄道旅客運輸専用線は、吉林市から始まって吉林市昌邑区、龍潭区、蛟河市を経て延辺州の敦化市、安図県、延吉市、図們市を経て終点の琿春市に到着するものになり、この線路の全長は378kmで投資総額は概略390億元に達します。そのうち、琿春区間の長さは30kmで、投資は約35.2億元と予想されて、建設施工期間は 2年であり、2012年に開通する見通しです。 (吉林新聞 2010年8月11日)
 

【延吉、河南地下商店街建設プロジェクトがスタート】
延吉市、河南地下商店街の工事がスタートしました。河南地下商店街は河南橋南側道路の全長200mの地下に建設されるもので、投資総額は1億元余りに達します。 黒龍江工程工事で引き受けて建設するこの工事は、17日、河南道路建設区間の車両通行を禁止した状況で、工事のための前段階準備事業が進行中です。(延辺日報 パク・ジョンイル記者 2010年8月17日)。
 

【国際バス】
夏は朝鮮及び、ロシアへの、国境を越えての観光最盛期です。数多くの中国人が、国境を越えて旅行に行きます。逆にロシアからも、多くの観光客が琿春や延吉に入ってきます。彼らの移動手段は、国際バスです。元々定期バスは少ないので、何本もの臨時バスが走ります。この時期に移動する時、定期バスの切符が買えなくて、足止めを食う事が少なくありません。このような時は、観光バスの空席に乗せてもらう方法があります。運転手との交渉で、運賃を払えば乗せてくれるケースがほとんどです。
 

【松茸】

適度に降る雨から、今年の松茸は昨年とは比較にならない、良い物が出ています。日本、韓国向けにも、航空機で出荷されています。最近は中国国内でも高値で取り引きされるようになりました。産地から運ばれてくる松茸は、延吉駅周辺の集荷場に入ります。良い物は商品として出荷され、悪い物は西市場に回ります。市場でも買うことはできますが、安くて悪い品物です。良い物を求めたい場合は、駅周辺の集荷場を回って品物を選ぶのが安心です。
 

■為替レート
日本円と人民元の交換レート:1万円=770元(8月22日)
韓国ウォン:1万ウォン=56.5元(8月22日)
朝鮮ウォン:1元=200ウォン(羅津市場8月7日)

ロシアルーブル:100元=450ルーブル(8月19日)

 
           
   
   延吉夜市-北市場 一松亭-龍井市 民俗園-延吉国貿民俗園 中朝露三カ国国境-琿春防川  
   
 

 図們-琿春高速道路(間もなく完成)

       

Copyright(C): 延吉市永昌商務信息咨詢有限公司