2010年5月25日付 延辺日本人会ニュース


■延辺の天気
今日の最高気温15℃、最低気温11℃、日の出3:50分、日の入り18:47分です。昨日は雨でした。晴れたら急に気温が上がりますが、今週は雨が多い天気と予想されています。

■行事

延辺日本人会4周年総会
5月30日(日)に実施する事になりました。二次会はカラオケ大会を予定しています。
同日瀋陽日本総領事館の領事出張サービスも実施いたします。(詳細は添付ファイルをご覧ください)
場所:味処日本天一

住所:延辺大学南側 伊斯特映画城1F  電話:0433−5086255
時間:11:00−13:00

当日会費:100元/人
二次会:カラオケ
申し込み:5月27日まで 139−4439−5303(崔)
お知らせ:今年の日本人会会費を集めます。
一般:60元/年

法人:500元/年
地元企業:200元/年

■延辺ニュース
【延辺の春、リンゴ梨花祝祭で本格化】
リンゴ梨の花が豪華に開く5月になると必ず繰り広げられる《中国龍井2010リンゴ梨花祝祭》が、5月19日、アジア最大のリンゴ梨果樹園を誇る龍井・万畝果園で盛況裏に繰り広げられました。この日の祝祭では、開幕式に続き、朝鮮族の民俗風情を色濃く見せる綱引き、闘牛、ブランコ、板跳び、サムルノリ、結婚式、還暦式、餅作り、松餅作り、白菜キムチ作り、朝鮮族将棋、花札など21種目の民俗活動が幅広く繰り広げられ、観光プロジェクト締結セレモニーと書画、撮影および観光商品の展示、リンゴ梨の木分苗など一連の行事など多様な祝祭行事が併せて繰り広げられました。夕方には朝鮮族民俗の特徴を帯びた《梨花園の春》大型文芸公演と花火大会もありました。


【延吉・安図、東北3省最大のシイタケ生産輸出基地に】
延吉市と安図県が東北3省で最大のシイタケ生産加工輸出基地に浮上することに決定的な役割をする企業が、延辺徳康生物技術有限公司です。この会社は中日韓の合資企業であり、2008年に設立され、州新興工業団地に入居した後で2009年に日産量が1万袋に達する2本の半自動化シイタケ生産ラインを構築し、現在、日本と韓国に6ヶ所の生産基地を置いており、今後、延吉市と安図県のキノコ生産基地で生産するシイタケ製品は国内外専用にて販売される見通しであり、延吉市と安図県の食用シイタケ生産基地が今後、東北3省で最大の食用シイタケ生産輸出基地に発展するものとして注目されています。 (延辺日報 パク・ジョンイル記者 2010年5月24日)
 

【延辺博物館サイトが開通】
第34回国際博物館日の18日、延辺博物館では国家2級博物館昇格銘文掲示式典および延辺博物館サイト ( www.ybbwg-china.org )の開通式を開きました。
 

【琿春−5★ホテルを建設】
5月18日琿春市人民政府と吉林省時代集団株式有限会社では5★ホテル建設と周辺所区域合作建設調印式を行いました。


■為替レート

日本円と人民元の交換レート:1万円=730元(5月24日)
韓国ウォン:1万ウォン=54.5元(5月24日)
朝鮮ウォン:1元=80ウォン(羅津市場 5月11日) 1元=50ウォン(羅津三角州銀行 5月11日)
■ロシアルーブル:100元=450ルーブル(5月11日)

 
           
   
  結婚式 5月16日 汪清県 結婚式 5月16日 汪清県 三輪タクシー 5月16日 図門市 苗市場 5月18日 延吉市  

Copyright(C): 延吉市永昌商務信息咨詢有限公司