2010年4月3日付 延辺日本人会ニュース

■延辺の天気

今日の最高気温7℃、最低気温−2℃、日の出5:02分、日の入り17:49分です。3月は下旬まで、何度も雪が積もりました。ここ数日雪は降っていませんが、風の強い日が続いています。市場では猫柳の枝が売られていました。

■行事
【清明節】

4月5日は清明節、お墓参りの日です。今年は4日の21:30であるため、5日が祝日となっています。
先祖の墓参りをし、墓を掃除する日、日本で言うお盆に当る行事です。

■延辺ニュース
【延辺州、上海世界博覧会の準備順調】
延辺州の世界博覧会準備事業は、2010年上海世界博覧会延辺展示期間の2010年5月31日〜6月9日に合わせて順調に進められています。


【中朝国境−圏河】

圏河−元汀の橋の修理が始まりました。この橋も1930年代、日本の統治時代にかけられた橋のうちの一つです。中朝国境の橋のほとんどがそうであるのですが、豆満江流域では一番行き来のあった橋です。修理期間中は、昼休みの2時間だけ、歩行者が渡る事ができます。通行はこの時間に制限されるため、非常に込み合うようになりました。貨物は往来できないため、恩行者が渡る事ができます。通行はこの時間に制限されるため、非常に込み合うようになりました。
貨物は往来できないため、恩徳から中国側は沙?子税関を使って往来します。しかし朝鮮側の煩雑さから、以前に比べたら激減しています。
 

【汪清、日本の無償援助資金60万元を獲得】

先日、吉林省政府と瀋陽駐在日本領事館が長春で"益民プロジェクト無償資金援助項目"の合意書締結式を開きました。今回、日本政府と吉林省政府で締結した無償援助項目は四つで、そのうち88814ドル(=約61万元)の無償援助資金は汪清県羅子溝鎮上?村水道水架設プロジェクトに使うことになります。延辺日報 2010年3月18日
 

【琿春で住宅購入のロシア人が急増】
琿春市不動産局によれば、“先導区展望計画要綱”が頒布された後、琿春に来て家を買う外国人が急増しているといいます。特にロシア人は、団体で琿春に来て家を買っています。 概算の集計によれば、今までに琿春で家屋証の発給を受けた外国人は49人で、そのうちロシア人が42人、北朝鮮人が2人、韓国人が3人、米国人と日本人が各々1人です。 延辺日報 2010年3月16日
 

【延辺で長城遺跡を発見】
26日、延吉で招集された吉林省長城資源調査事業会議及び調査人員養成班の開講式で調べたところによれば、 2008年に第3回全国文化遺産普及調査野外調査が始まって以来、吉林省の四平、長春、通化、延辺などの地域で次々に秦漢時代の東夏長城遺跡が発見されました。 専門家の確認の結果、これらの遺跡は文献に記録された吉林省内の長城遺跡の分布・形状・構造などの情報とほぼ一致しており、特に通化"南台子古城遺跡"は、該当専門家は、現在のところ我が国で発見された秦漢時代の長城の最東端と見ています。延辺日報 2010年3月28日
 
■為替レート

日本円と人民元の交換レート:1万円=708元(4月2日)
韓国ウォン:1万ウォン=59.4元(4月3日)
朝鮮ウォン:1元=5.0ウォン(国家レート)

ロシアルーブル:100元=450ルーブル(3月28日)

 

 
   
  延吉西市場−海鮮売り場(北朝鮮産) 3月27日 琿春開発区 3月21日 延吉西市場−干し明太魚(北朝鮮産)  3月27日 圏河−元汀の橋 3月3日  
   
  境港−東海−ウラジオストク定期航路の船 3月31日 ウラジオストクにて        

Copyright(C): 延吉市永昌商務信息咨詢有限公司