2010年2月20日付 延辺日本人会ニュース


■延辺の天気

今日の最高気温-7℃、最低気温−13℃、日の出6:13分、日の入り16:58分です。春節も明け、これから気温は少しずつ上がってくるはずです。昨日は曇りでしたが、今日は快晴の延吉、春節前から比較的好天気が続いています。

■行事

仕事始め
春節の連休は、19日までと言う所が一般的です。昔は旧暦の1月15日まで休む所も多かったようですが、次第に休みは短くなっています。日人会事務所は、既に仕事を始めています。

■ニュース
【延吉市東南側110kmで6.5級の地震発生】
中国地震ネットの情報によれば(2月18日午前 9時13分、中国ロシア国境地域で6.5級(日本の震度5程度に相当)の地震が発生しました。 今回の地震は、中国吉林省延吉市東南側110km(北緯42.6度、東経130.8度)で発生,したが、震源地が540kmの地中なので破壊力はないと吉林省地震局で明らかにしました。 (吉林新聞 2010年2月19日)
 

【CCTV中央放送で延辺の開発開放を対外広報】
2月11日から16日までの旧正月期間、中央TVは延辺州の開発開放、民族団結、民俗風情、林区の草家改造、軍民の情、通商口の風景、外国観光客体験談などの内容で延吉、琿春、龍井、和龍八家子林業局などでシリーズ報道を展開します。(吉林新聞 2010年2月12日)

【延吉経済開発区、入居企業が207社】
現在、延吉経済開発区には、合計207社の企業が入居しており、入居企業が増えることにより経済開発区の生産額や税金額も継続的に増加しています。 昨年末まで、延吉経済開発区の年間生産総額は96億 3000万元を突破し、 2008年に比べて25%も増加しました。(延辺日報 2010年2月2日)


【和龍−丹東、和龍−通化の旅客列車、出発点を龍井まで延長】
2月10日から東北東部鉄道の和龍-丹東、和龍−通化旅客列車の始発点を龍井市まで延長しました。
具体的鉄道運行時間は次のとおりです。龍井−丹東行列車の龍井発車時刻は16時21分で、丹東到着時刻は翌日13時38分であり、龍井−通化行列車の龍井発車時刻は12時14分で通化到着時刻は当日21時23分。 延龍図対外鉄道旅客輸送の新しい突破口になるこの二本の鉄道線の延長により、龍井市さらには我が州の経済発展に大きな跳躍がもたらされるものと展望されます。
(延辺日報  2010年2月2日)
 

【帰省ラッシュ】
 2月14日のお正月前の帰省ラッシュは、今年も非常に激しいものでした。延吉に向ってくる飛行機も連日満席、仕方が無く北京から乗用車を運転して帰ってきた友達もいました。1人で帰るのでしたら飛行機の方が安いのですが、家族で帰ったので結果、安くついたようです。しかし運転時間は、13時間以上でした。高速道路でも、距離は1500km以上あるそうです。

■為替レート

日本円と人民元の交換レート:1万円=728元(2月20日)
韓国ウォン:1万ウォン=57.4元
朝鮮ウォン:1元=5.1ウォン(国家レート)
ロシアルーブル:100元=420ルーブル(2月20日)

 
   
  春節前の、買い物客でごった返した西市場 花火売りの屋台。(公園橋付近) 公園橋の上から見た煙集川 図們駅  
   
  市内から見た夕日        

Copyright(C): 延吉市永昌商務信息咨詢有限公司