2009年2月18日付 延辺日本人会ニュース

■延辺の天気
13日、夜明け前かからまとまった雪が降りました。多い所では30センチ程度積もりました。
今日の最高気温マイナス10℃、最低気温−20℃です。寒の戻りにしては厳しい冷え込みです。
今日18日は、二十四節気の雨水(うすい)です。この時期から寒さも峠を超え、降るものも雪から雨に変ると言う事です。この冷え込みも、この冬最後なのかもしれません。

■行事
2月21日に、新潟ERINA、NEANETから日本海航路の関係で3名が延辺を訪問されます。
日本海航路は早いと4月下旬、遅くても6月には開通させると、東春航運の話です。

■延辺ニュース
長白山沿線を通って丹東、大連まで抜ける鉄道が、一部開通しました。
延辺の和龍駅始発で運行され始めたので、その和龍駅に行って見ました。できたばかりの新しい駅舎は非常にきれいですが、列車の本数が少ないのでがらんとしていました。
その隣には、満州時代に建設された旧和龍駅が残っていました。
列車は現時点では、和龍⇒白河⇒通化⇒梅河口⇒瀋陽⇒丹東と走ります。丹東へ行くには非常に遠回りです。将来的には、通化から鴨緑江沿いの新線が開通される見込みです。
 

■為替レート

円と人民元の交換レート:1万円=715元(2月18日、延吉交通銀行)
民間両替屋1万円=735元(2月18日)
朝鮮ウォン:1元=530ウォン (1月下旬羅津、民間両替屋)
ロシアルーブル:100元=500ルーブル(2月13日、琿春、民間両替屋)

最近完成した和龍駅

満州時代に建設された旧和龍駅。駅前広場と言い、そのままの状態で残っている。 南秤税関。朝鮮の茂山鉱山の鉄鉱石は、ここから中国に運びこまれている。 朝鮮の茂山鉱山。手前の凍った川が豆満江。
 

豆満江上流、宗善(高城里)税関付近の国境地帯にのこる日本家屋。過疎化が進み、山奥の田舎となればこう言った家が増えた。

     

Copyright(C): 延吉市永昌商務信息咨詢有限公司