■耳寄り情報−観光−中朝国境
延辺州には、国境を接している市、県が5つあって、対外的に解放されている税関は11ヶ所である。

延吉市 延吉空港通商口
*国家一級税関で、軍民共用空港として1985年に民間旅客機が運航を開始し、現在は延吉−長春、大連、北京、青島、瀋陽、煙台、上海、深セン、広州、成都、牡丹江とソウルのなど国際国内線まで開通している。

延吉空港

図們市 図們国境
*図們国境は、図們市内にあり観光客も多い。
*図們税関は公路税関と、鉄道税関の2つに分かれており、対岸は北朝鮮南陽税関である。
*国境橋の中間まで観光客でも行くことが出来る。
*税関の門の上には展望台があり、観光客が利用できる。
図們税関 門の上から北朝鮮を見る 橋の中間から中国側を見る
和龍市 南坪国境
*和龍市南坪鎮に位置し、対岸は北朝鮮茂山税関。和龍市内より約1時間。
*主にとうもろこし、燃料を輸出し;鉄鉱石、木材、海産物を輸入している。
南坪税関 南坪税関 北朝鮮茂山鉱山
和龍市 古城里税関
*和龍市崇善鎮に位置し、対岸は朝鮮三長税関である。
*1929年に建設され、主に双方国境地帯の親戚訪問と公務視察通路として利用されている。
*当税関はわが州から朝鮮両江道への唯一の通路であり、2007年10月に国家批准を経て一級税関に昇級した。

古城里税関

龍井市 三合国境
*龍井市三合鎮南部図們江畔に位置し、対岸は北朝鮮会寧税関。
*岡の上に望江閣という展望台があり、眺望がすばらしい
三合税関 望江閣展望台よりの眺め 国境橋
三合税関入り口 北朝鮮咸鏡北道会寧市会寧口岸 望江閣展望台よりの会寧市工場

龍井市 開山屯国境

*龍井市開山屯鎮に位置し、対岸は朝鮮三峰税関である。
*双方貨客公路運送の国家二級税関として利用されている。
*辺境貿易の輸出通路として、ここ数年、主に華僑と貨物の通過道路に使用されている。

開山屯税関 側面から見た国境橋  開山屯税関の中朝国境橋

琿春市 中露税関

中露琿春税関  ロシアからの入国ゲート ロシアお土産屋さん

琿春市 圏河税関

*琿春市東南部に位置し、圏河と図們江の合流地点である。
*税関の対岸は朝鮮元汀税関で、中国の対朝鮮羅先自由経済貿易地帯への、唯一の陸路税関である。 年間貨物通過量は60万トン、年間旅客通過人数は60万人である。

圏河税関

琿春市 鉄道税関

*琿春市辺境経済合作区南側の貨物積み替え所構内にある。
*国際貨客鉄道税関で、敷地面積は20万uである。ロシアのカメソワヤ税関とは26.7km離れている。
*初期の年間貨物運送能力は50万トン、中期は250万トン、年間旅客通過能力は100万人が見込まれている。

琿春鉄道税関

琿春市 沙坨子税関

*琿春市三家子満族自治郷内に位置し、琿春市内から11km離れている。対岸は朝鮮慶源郡の税関である。
*民族民間貿易税関として、主に双方国境地帯の親戚訪問として利用されている。当税関の規模は比較的小さく、
 施設が古い。年間貨物通過量は10万トンで、年間旅客通過人数は5万人である。

沙坨子税関前  沙坨子国境橋

安図県 双目峰公務通路

*安図県二道白河鎮の中朝国境に位置し、対岸は双峰辺境事務所である。
*安図県二道白河鎮から50km離れており、朝鮮三池淵から34km離れている。
*2000年に、中朝両国の外交部が会談を行い、双方の公務員が関連協商を行う際の通路として利用することになり、
 双方の了解を得たうえで、双方の貨物と運送道具も通過できる。
*通過人員と貨物検査は国境管理部門と延吉税関、延辺出入国検疫局の事務員が臨時検査を行う。

 
     

Copyright(C): 延吉市永昌商務信息咨詢有限公司