2017年6月3日付 延辺日本人会ニュース

■延辺の気候

今日の最高気温17度、最低気温9度です。5月に入ってから昼の気温が30度近くまで上がる日もあれば、いきなり20度以下まで下がったり、雨の日も多い不安定な天候です。5月には運動会を開く小学校も多いです。(事務局)

■行事
2017東北三省日本人交流会
6月30日(金)、瀋陽で開催されます。延辺日本人からは4名参加予定です。

■延辺ニュース
【端午節】
5月30日が端午(旧暦5月5日)の節句であったため、日曜日から3連休でした。朝市に出てみると、よもぎ、よもぎもち、中華ちまき、お茶卵がたくさん売られていました。よもぎは魔よけとして、家の玄関にかけるものです。ちまきはこの日の漢族の伝統的な食べ物で、朝鮮族はヨモギ餅を食べます。延吉夢都美民俗観光リゾートでは朝鮮族伝統式味噌祝祭などが開催されました。端午節間に延辺を訪ねた観光客はおよそ10万近くで、ホテル入居率も85%に達しました。 (事務局)
 

【延吉に日本商品店がオープン】
4月、延辺病院北側に日本商品店がオープンしました。日用品と食品がメインで、値段も思ったほど高くありませんでした。今年に入ってから日本商品店が5店舗に増えました。(事務局)
 

【延吉龍山で9000万年前の恐竜化石を発掘】
昨年、延吉龍山で恐竜化石群を発見して以来、地層古生物分布についての調査を主として国家国土資源部の発掘許可証を受け、短期的発掘を通じて研究者と共に学術価値の高い多くの珍しい恐竜化石を発掘しました。5月25日から今後50日間の発掘作業を始めました。(吉林新聞 2017年5月27日)
 

【吉林省、東北虎の楽園に】
これまで、吉林省東部の山間で野生東北虎27頭から28頭、豹42頭を観測しました。 幼い東北虎と幼い豹も発見されました。 琿春、汪清地域は既に中国で最も重要な東北虎、東北豹の繁殖地になり、内陸に拡散する傾向を見せています。 ここ何年かで野生東北虎、東北豹の繁殖速度が特に速くなった主要原因は、自然保護と保護区建設にあります。 (吉林新聞 2017年6月2日)


【図們新橋建設】
図們-南陽間の新しい国境橋の建設が本格的に進んでます。その影響で5月から税関周辺は閉鎖となり、既存の国境橋見学はできなくなりました。新しい橋は来年の10月に完成見込みです。古い橋は未だ使用中で、トラックや人の往来は続いています。(事務局)


【瀋陽-長白山間の高速鉄道を建設】
瀋陽桃仙国際空港から始まり、撫順市、通化市、白山市、二道白河鎮までの長さ436.5kmに達する高速鉄道が年内に着工する見込みです。(潮歌網 2017年5月31日)
 

【北京の家は給与51年分】
先日、中国各地の住宅購入負担指数が発表されました。北京の家は給与51年分、上海は49年分、広州は31年分で、東北三省では長春が一番安く11年分と集計されました。(潮歌網 2017年5月31日)

■為替レート
日本円と人民元の交換レート: 1万円=596.09元 (6月3日 中国銀行)
韓国ウォン: 1万ウォン=58.55元 (6月3日 中国銀行)
ロシアルーブル: 1000ルーブル=112.5元 (6月3日 中国銀行)
ドル: 100USD=674.68元 (6月3日 中国銀行)

5月23日 図們税関周辺 5月23日 琿春圏河税関前-中朝貿易トラックが並んでます。 4月にオープンした日本商品店-延辺病院北側 4月にオープンした日本商品店-延辺病院北側
賑やかな西市場 端午節の延吉朝市場 端午節の延吉朝市場 端午節の延吉朝市場

Copyright(C): 延吉市永昌商務信息咨詢有限公司