2017年4月23日付 延辺日本人会ニュース

■延辺の気候
今日の最高気温17度、最低気温3度です。4月に入ってから昼の気温が10度を上回る日が多くなりましたが、床暖房も止まり、朝晩は肌寒く風を引きやすいです。来週には運動会を開く小学校も多いです。(事務局)

■行事
【延辺日本人会定期総会】
4月8日、柳京飯店で開催されました。24名の方が集まり、交流を深めました。

■延辺ニュース
【延吉市内バス代、2元に値上がり】
延吉市内バス代は4月17日から、1元から2元に値上がることになりました。車内には両替機など設置されていませんので、事前に小銭を用意する必要があります。交通カード使用の場合は1.6元になります。タクシーの初乗りが5元ですので、タクシー利用者が増えています。(事務局)


【中国・和龍、第9回長白山金達莱国際文化観光祝祭】
延辺の州花であるツツジ花祭りが4月22日、和龍市西城鎮金達莱民俗村で開幕されました。延吉から直通のバスも開通され、往復30元です。金達莱国際文化観光祝祭は5月1日まで開催されますので、延辺を訪ねた際にはぜひ花見に行ってください。(事務局)


【二道白河鎮、国際化小都市に建設】
延辺の第二高速鉄道である敦化−二道白河高速鉄道工事が年内に完成する見込みです。開通すれば長春から二道白河鎮及び長白山風景区まで直行できます。吉林省は二道白河鎮を長白山地域の特色ある国際化小都市に建設する計画です。(事務局)


【延辺キムチ業者<金剛山>、新三板に初の上場】
延辺金剛山食品株式有限公司は、全国で最も大きな朝鮮族味キムチ生産工場の一つで、省政府から吉林省農業産業化重点先頭企業と命名され、国家に申請を提起、2017年2月22日に正式に株式移転システムに上場取引をして最初に<新三板>に上場した朝鮮族キムチ企業になりました。現在、延辺州には合計9社の企業が<新三板>に上場されています。(黒龍江新聞 2017年4月7日)


【全国初の農村淘宝センター倉庫、延辺で開場】
全国初めての農村淘宝センター倉庫が18日、延吉で開場しました。開場当日、延辺産白米が大人気で、1万件以上のネット販売取引がありました。今回の協力は、アリババグループで戦略的地図を拡大し、農村領域の発展を促す重要な措置であり、延辺と共同して<インターネット+現代農業>モデルと共同発展を実現するにあたって里程標の意義を持つことになります。 (吉林新聞 2017年4月19日)


【大韓航空・アシアナ、中国路線を縮小】
中国人の観光需要が大幅に減ったため、韓国の航空会社が3月16日から中国路線の運航を一時的に減らす方針だと韓国の現地メディアが伝えました。延辺を訪ねる韓国人ツアーも明らかに減っています。韓国商品の輸入が厳しくなり、韓国化粧品専門店なども閉店したりしてます。(事務局)
 

【丹東−平壌観光チャーター機、3月28日に新規就航】
中朝国境都市である丹東と平壌を行き来するチャーター機の就航は史上初です。 北朝鮮の高麗航空が運航を引き受けるこの国際線は、毎週火曜日と金曜日に運航されます。国内線航空便だけ就航してきた丹東空港は、国際線を開通することに注力して来ており、丹東−平壌路線の開通と共に正式に国際通商口に変身することになり、 丹東中国国際旅行社では、中朝観光の多様な需要度を満足させるため、チャーター機を利用した対北朝鮮3泊4日の観光商品を発売する予定です。(黒龍江新聞 2017年3月23日)

■為替レート
日本円と人民元の交換レート: 1万円=609.78元 (4月22日 中国銀行)
韓国ウォン: 1万ウォン=58.83元 (4月22日 中国銀行)
ロシアルーブル: 1000ルーブル=114.1元 (4月22日 中国銀行)
ドル: 100USD=681.87元 (4月22日 中国銀行)

4月8日 延辺日本人会総会(柳京飯店) 新図們中朝国境橋建設が着々と進んでます。2018年10月に完成見込みです。記念品を売っていた店も閉まってます。 新図們中朝国境橋の建設 日系企業の人たちが平壌キムチ作り体験をしました。
平壌キムチ作り体験 平壌キムチ作り体験 延辺ならではの朝市場、延辺を訪ねる際にはぜひ立ち寄ってください。 延辺ならではの朝市場

Copyright(C): 延吉市永昌商務信息咨詢有限公司