2016年11月19日付 延辺日本人会ニュース

■延辺の気候

今日の最高気温4度、最低気温−1度です。延辺は10月20日から床暖房が入り、室内は25度程度でとても暖かいです。10月末から雪も数回降りました。道路沿いの雪の跡は滑りやすい状態なので外出時には要注意です。(事務局)

■行事
2016年12月2日(金) 天皇誕生日レセプション (瀋陽)
延辺日本人会から2名参加予定です。
 

2016年12月11日(日) 長春日本商工会忘年会
延辺日本人会から3名参加予定です。
 

2017年1月14日(土)11:00〜13:30  延辺日本人会新年会 
詳細は確定次第、お知らせ致します!

■延辺ニュース
【12月1日、タコ焼き店がオープン】
日本人若者二人が延辺大学西側(公園路、天池広場の対面)で極楽タコ焼<天福>を開店します。皆さんのご来店をお待ちしてます。(事務局)


【スターバックスが内装工事中】
延吉市中心の百利城百貨店1階にスターバックスコーヒーができるそうで、現在内装工事中です。百利城は、ユニクロも入ってる延吉最高級百貨店です。9月9日、延吉万達広場ではマクドナルドもオープンしました。(事務局)

 

【松茸の輸出、今年も「孝行息子」の役割】
10月29日、延辺の松茸の韓国への輸出作業が今年最後の出入国検査検疫を終え、松茸の輸出集計が出て来ました。気候の影響で、平年より松茸の収穫が良いとは言えなかったものの、延辺から今年、合計299回に分けて106トンの松茸が輸出され、その価値は403万ドルに達しました。 今年も松茸が地域特産収入を上げることで「孝行息子」の役割を果たしました。 (吉林新聞 2016年11月3日)


【延辺富徳サッカーチーム】
2016年中国スーパーリーグ残留に成功した延辺富徳チームは、第9位を占め、今シーズンの競技を円満に終えました。引き続き2017年も頑張ってほしいです。(事務局)
 

【延吉-台湾の直行便、11月3日から可能に】
延吉-台湾の直行航空便が11月3日可能となりました。毎週木曜日に1回飛行予定で、旅程全体で3時間40分かかるものと計算されます。 延吉-台湾の直行観光チームはA、Bコースにより一人当たり3200元-4200元で価格は異なり、台湾観光通行証の手続は、約10日の時間が必要とされます。(吉林新聞 2016年10月13日)

 

【延辺一中、日本学友会を設立】
11月5日、延辺1中日本学友会が東京で創立しました。駐日本中国大使館領事部をはじめとして、日本各地から集まった延辺一中の卒業生と中国の北京、上海、 山東などの学友会会長など含め110人余りが集まり、海外での最初の学友会の誕生を慶祝しました。(黒龍江新聞 2016年11月7日)


【北朝鮮南陽市の復旧作業】

百年に一度の洪水被害に逢った図們市対岸の北朝鮮南陽市は2ヶ月半の復旧作業で、奇跡のように変身しました(添付写真)。24時間労働体制で、労働者5人のうち、3人は女性だそうで、手業がほとんどでした。中国政府も図們国境を通じて莫大な救援物資を送りました。(事務局)
 

【初めて安図県、双目峰通商口を通じて北朝鮮・三池淵2日観光へ】
双目峰は中朝国境線の唯一の陸路通路です。安図県は南部で長白山天池、双目峰を国境として朝鮮民主主義人民共和国両江道三池淵郡とつながり接しています。10月4日と5日、安図県から50人余りの観光客が双目峰通商口から中朝双方の安全検査手順を踏んで、初めて北朝鮮両江道三池淵郡へ2日間の観光に行ってきました。(吉林新聞 2016年10月13日)

■為替レート
日本円と人民元の交換レート: 1万円=599元 (11月19日 中国銀行)
韓国ウォン: 1万ウォン=56.05元 (11月19日 中国銀行)
ロシアルーブル: 1000ルーブル=99.50元 (11月19日 中国銀行)
ドル: 100USD=682.00元 (11月19日 中国銀行)
朝鮮ウォン: 1元=1250ウォン (7月28日 民間両替)

<延辺日本人会10年のあゆみ>が読売新聞に紹介されました。 スターバックスが内装工事中 12月1日オープンしるたこ焼店のマスコット 図們市対岸の北朝鮮南陽市、水害復旧現場(10月14日)

図們市対岸の北朝鮮南陽市  現在の様子(11月中旬)

     

Copyright(C): 延吉市永昌商務信息咨詢有限公司