2015年7月1日付 延辺日本人会ニュース

■延辺の気候
今日の最高気温19℃、最低気温は12℃です。暑くなったり、肌寒くなったり、気温の変化が非常に激しく、体に負担がかかる日が続いています。一昨日は珍しく、午後からまとまった雨になりました。夕方にはきれいに上がり、東の空に大きな虹が出ました。空気も澄んで、気持ちのよい夕焼けが広がりました。(事務局)

■行事
【東北三省日本人(商工会)交流会】
日時:2015年7月24日(金)〜25日(土)
場所:吉林省長春市
延辺日本人会からは5名が参加予定です。

■延辺ニュース
【端午節】

今年は6月20日が端午でした。延辺では、朝からよもぎを取ってきて家の玄関に掛けたり、車に掛けたりします。今年はたまたま朝鮮にいたのですが、朝鮮ではよもぎを掛けるのはしないようでした。よもぎもちを食べるのは同じらしく、羅津市場にはよもぎもちが売られていました。(事務所)
 

【図們中朝口岸】
国境橋の修理という理由で春節から半年近く一般人の出入りは禁じられていましたが、6月8日から再開通となり橋上の辺境線まで行けるようになりました。同時に入場券は20元から25元にあがりました。記念品商店では北朝鮮関連のたばこ、偽バッジ、偽札などは隠して売っています。(事務局)
 

【延吉-大阪航空便、7月4日開通】
中国東方航空は、2015年7月4日より関空−延吉線を新規就航することになりました。
スケジュール(2015年7月4日〜2015年10月24日)


 


上記スケジュールは全て現地時刻です。
吉林−琿春高速鉄道も6月26日から試運転に入り、国慶節までには開通見込みです。(事務局)
 

【マーズの影響】
韓国などで広がっているマーズの影響で延辺からの韓国訪問客が急減しています。韓国からの観光団体のキャンセルも少なくありません。高校と大学入試が終わった後、受験生たちはよく韓国観光などに出かけますが、今年は例外です。又延吉空港では韓国からの延吉到着便に対しても入国審査に時間がかかり、マスクを着用した乗客も多く見られ、重い気分になります。(事務局)
 

【延辺サッカーチーム】
延辺長白山サッカーチームは現時点で2015年中国甲級リーグ中盤の1位です。毎回延辺体育館で試合がある日は3万人ほどの人が応援に来て大変盛り上がります。(事務局)
 

【長春−ウルムチ列車】
最近、長春−ウルムチの列車ができました。北京を経由せずに、内蒙古を通って西に向かう列車です。おとといカザフスタンに帰る友達が、この列車で出発しました。寝台車の運賃が700元程度と言うのは魅力ですが、この区間だけで60時間近くかかります。延吉→長春、ウルムチからカザフスタンに行く国際列車の時間も考えると、1週間の旅行になります。北京→アスタナのウルムチ経由航空券が2200元程度なので、時間を考えるとこっちの方が良さそうな気がしました。(事務局)

■為替レート
日本円と人民元の交換レート:1万円=501元(6月30日民間両替)
韓国ウォン:1万ウォン=5.50元(6月30日民間両替)
ロシアルーブル:1000ルーブル=110元 (6月30日民間両替)
100USD=618RMB (6月30日民間両替)

朝鮮速度と言う言葉が目に付くようになりました。経済発展に向けて、さまざまな努力が行われています。朝鮮も早く発展してもらいたいものです。 羅津の街並み。 羅津港。シベリアからの石炭が山積みになっています。7000カロリー近い、高品質の石炭だそうです。 羅先黒龍江商品展示会が、羅先展示場で開催されました。

今年に完成した新しい銅像。羅津を訪問された際にはまずここを訪ねて献花するのが常識となっています。

     

Copyright(C): 延吉市永昌商務信息咨詢有限公司