2015年5月11日付 延辺日本人会ニュース

■延辺の気候
4月下旬から5月の始めにかけて、30度まで上がる日が数日続きました。桜が咲きながら、一気に夏かと思いましたが、ここ数日は寒い日が続いています。寒暖の差が激しく、これを繰り返しながら、夏になるのでしょう。山に上ってみると、谷間にはまだ冬の氷が融けずに残っている所がありました。(事務局)

■延辺ニュース
【延辺日本人会総会】
2015年4月19日、延吉柳京飯店で延辺日本人会総会が開催されました。瀋陽日本領事館を含め、日系企業関係者など30名ほどの方が集まり、情報交換など行い、交流を深めました。同じ日に延吉白山ホテルでは瀋陽日本総領事館からの出張サービスも実施されました。(事務所)


【延吉朝市場】
たらの芽が最盛期を迎えました。他にいろいろな山菜があります。丹東産の、栽培種ブルーベリーも出回っていますが、これは少ないのでちょっと高めです。桑の実も地元産ではないので、高いです。福建省の梅は、今年は量が多いのか、去年より安くなりました。農薬などの懸念から天然の山菜は大人気です。(事務局)
 

【延吉-日本行き航路は開通するのですか?】
問:延吉-日本行き航路は開通するのですか? 航空公社、日本側都市などの情報を知りたいのですが。
答:延吉空港側はすでに該当航空公社側と基本的な意向締結を達成しましたが、統制航空路に対する審査批准の手続中です。 順調に行けば、7月初めに延吉-日本航路が開通する見通しです。具体的な日本側の都市などの情報はまだ正確に知ることが出来ませんので、ご了承下さい。 (吉林新聞 2015年5月5日)
 

【羅先市展示会】
5月4日、5日の二日間、羅先市の展示場で、今年一回目の展示会「企業展示会」が開かれました。羅先市の企業ばかりで、32社の出展でした。次回は6月に黒竜江省主催の展示会、8月には毎年恒例の国内外の展示即売会、10月にも小規模の展示会が予定されています。羅先訪問などご検討の方は事務局のcmy1107@hotmail.com 崔までお問い合わせください。(事務局)


【麝香山】
羅先市全体を見下ろせる、麝香山と言う山があります。昔は麝香鹿が多かったので、その名前がついたそうです。海抜600メートル程度と言うので、延吉の帽児山ぐらいかと思ったら、それよりずっときついコースでした。のぼりは2時間程度です。景色はすばらしく、休みの日に体を動かすには良い山です。朝鮮ではこの冬から山火事が多いらしく、入山時には管理人に火の始末に関して、かなり説明を受けました。山火事対策で、どこの山も管理されているそうです。(事務局)


【琿春-ザルビノ-新潟航路、中日合資会社を設立】
最近、日本の新潟国際海運株式会社と吉林省東北アジア鉄道グループ株式有限公司は、合資会社契約式を行ったと吉林省経済技術合作局が明らかにしました。中露日3国をつなぐこの航路は、合資会社の設立で東北アジア地域の交通運輸通路の建設に積極的な促進作用を発揮することになります。 その他、中露日3国をつなぐ琿春-ザルビノ-束草航路も年内に再開するものと見られます。(黒龍江新聞 2015年4月24日)

■為替レート
日本円と人民元の交換レート:1万円=513元(5月5日民間両替)
韓国ウォン:1万ウォン=5.68元(5月8日民間両替)
ロシアルーブル:1000ルーブル=120元 (5月8日民間両替)
100USD=619RMB (5月8日民間両替)

2015年4月19日 延辺日本人会総会  羅先市企業展示会 羅先市企業展示会 羅先市企業展示会
麝香山 麝香山 麝香山  

Copyright(C): 延吉市永昌商務信息咨詢有限公司