2014年10月1日付 延辺日本人会ニュース
 

■延辺の気候
今日の最高気温15度、最低気温は−1度です。先週は一部の地域で初雪が降りました。長白山も9月20日に初雪でした。今年は特に雨が少なく、図們江も水位が低く沢山の中州ができています。延吉市でも水不足で住民の日常生活にも影響が出ています。(事務局)

■延辺ニュース
【延辺日本人会総会】
9月13日(土)、延吉柳京飯店で延辺日本人会総会が開催されました。延辺大学日本人留学生を始め、各地からの初参加者も多く、楽しい交流会となりました。翌日は延辺日本人会のゴルフ大会も実施されました。(事務局)

【延辺朝鮮族小学生に助学金を発給】

延辺日本人会会員の神崎さんは2011年9月から延吉市興安小学校の2名の学生に毎月助学金を送り続けています。今年9月にも延辺まで足を運び、学生と保護者たちと会い、食事をしながら勉強、生活などについていろいろ聞きました。(事務局)
 

【琿春−常駐のロシア人に中国語学習ブーム】
最近、琿春市では琿春常駐のロシア人に対外中国語養成クラスを開設しました。 この養成クラスは、琿春が初めて琿春常駐のロシア人向けに開設した対外中国語養成クラスであり、また、州全体で最初の試みです。 授業内容は全て日常実用中国語で、琿春に常駐するロシア人の創業就職、生産生活、レジャー、住宅購入などを推進し、 ロシア人の間に互いに広報することで、より多くのロシア人が琿春に注目して琿春に居住することになるでしょう。(黒龍江新聞 2014年9月16日)

【朝鮮民主主義人民共和国投資説明会(大連)】
9月20日午後、大連のシャングリ・ラ・ホテル大連で「朝鮮民主主義人民共和国投資説明会」が開かれました。ただ、主催したのは「世界韓人貿易協会」(1984年に在日・在米韓国人が中心となって設立)で、地元中国の朝鮮族のほか、日本や米国からやってきた会員、マスコミら関係者200人余りが出席していました。最初に呉応吉・元山開発 総会社社長が「投資政策と投資環境」について、続いてリ・シルリョル同副社長が主に元山、金剛山、馬息嶺スキー場の観光開発に関して話しました。(事務局)

 

■為替レート

日本円と人民元の交換レート:1万円=554元(10月1日民間両替)
韓国ウォン:1万ウォン=57.6元(10月1日民間両替)
朝鮮ウォン:1元=1500ウォン(6月30日羅津市場)
100USD=611RMB (10月1日民間両替)

9月1日(土)柳京飯店で延辺日本人会総会が開催されました。 延辺日本人会総会の翌日にはゴルフ大会が実施されました。 神崎さんが支援している2名の学生とその保護者たち。 朝鮮民主主義人民共和国投資説明会(大連)−9月20日午後、大連のシャングリ・ラ・ホテル大連で開かれました。
質疑応答では、「朝鮮では自由に移動できない」「朝鮮に投資して失敗している人が多い」などの質問もあり、呉社長は「事前に希望をだしてくれさえすればどこにでも行ける」「(海外投資者の)成功事例も多い」などと答えていました。 馬息嶺スキー場に関する紹介。きれいな写真をたくさん使い説明がなされましたが、元山と金剛山を結ぶ高速鉄道の計画など、実現性のとぼしい話ばかりのような気がしました。
 
元山・葛麻(カルマ)半島沖合いにある島の開発に関する紹介
 
金剛山地区の開発に関する紹介。

Copyright(C): 延吉市永昌商務信息咨詢有限公司