2014年4月5日付 延辺日本人会ニュース


■延辺の気候

3月の後半は、非常に暖かくなりました。昼の気温は21度まで上がる日もあり、暑いぐらいでした。しかし4月に入ったら寒の戻りで、今日はマイナス4度から7度。昼間何度も雪が舞いました。(事務局)
 

■行事
【延辺日本人会総会】
日時:2014年4月20日(日)11:00〜13:30
場所:柳京飯店 1F 
当日会費:100元/名
会員年会費:一般 150元/名   法人 1000元/社
申し込み:延辺日本人会事務局 0433−2738336  139−4439−5303(崔)
 

■延辺ニュース
【清明節の3連休】
今日は清明節、中国ではお墓参りのための大事な祝日で土日いれて三連休です。朝から墓を掃除するための鎌や鍬、花やお酒を持って山に行く人をたくさん見かけました。1年中混む事が無い延辺の高速道路、出入り口が渋滞するのは、今日だけです。春と秋の墓参りを大事にする習慣は、日本も良く似ています。(事務局)
 

【延辺、9月2日を《ハングルの日》に】
延辺は朝鮮族自治民族の言語習慣を尊重し、朝鮮語発展の良好な雰囲気作りを支援、民族団結の活動を推進して民族の伝統を継承し、民族の優秀な文化と民族の特色経済を発展させ、朝鮮語文字の事業を繁栄発展させるため、9月2日を《ハングルの日》に決めました。 (吉林新聞 2014年3月26日)
 

【吉林省‘単独2子女’政策を正式に実施】
吉林省は3月28日から、<単独2子女政策>を正式に実施します。すなわち夫婦のうちどちらか一方が一人っ子の場合、二人の子供を出産することができます。女子従業員の出産休暇も従来の90日から98日に伸ばします。出産希望調査の結果、吉林省では15.94%家庭で明確に2番目の子供の出産計画を持っています。 (黒龍江新聞 2014年3月31日)


【行方不明のマレーシア航空】
行方不明になったまま消息の無いマレーシア航空。先日長春行きのバスに乗ってみたら、運転手と乗客がこの話題で激論を交わしていました。「墜落した」と言う客に対して運転手は、「どこかに着陸しており、皆生きている」と。実際にどうなのか誰もわかりませんが、本当に着陸していてくれたら良いのですが。(事務局)


【北朝鮮の観光受け入れが開始】
朝鮮の観光受け入れが始まっていますが、いまいち活気が無いようです。12月の張成澤事件の影響から、まだ客足が遠いそうです。もう少し暖かくなれば、増えるとは思いますがと、朝鮮国際旅行社の代表の話です。延辺日本人会からも、羅津や清津、七宝山のツアーを企画してみる予定です。(事務局)
 

■為替レート
日本円と人民元の交換レート:1万円=595元(4月4日民間両替)
韓国ウォン:1万ウォン=57.8元(4月3日民間両替)
朝鮮ウォン:1元=1550ウォン (3月27日羅津市場)
100USD=615RMB (4月3日民間両替)

3月8日の国際婦人デー
 

中国や朝鮮でも重視されています。この写真は、羅津のレストラン内で撮ったものです。従業員によって、鏡にきれいに描かれていました。延辺でも男性が厨房に入ったり、家内や母にプレゼントを贈ります。

羅津に降る雪

 

毎月1,2回羅津に行くのですが、冬場はいくたびに雪が積もります。3月に入り、もう積もらないだろうと思ったら、また雪が降りました。翌朝積雪がありましたが、数センチですぐ融けました。

羅津港に停泊する外国貨物船

 

外国船の出入りがほとんど無くなった羅津港で、久しぶりに荷卸をしている船がありました。

羅津海岸公園の中で結婚写真を撮る新郎新婦

 

春はあちこちでよく見かけます。

チェスコのビールレストラン

海岸公園の中で去年オープンしたビール屋さんです。チェコから技術者が二人来て、裏の倉庫でビールを作っています。ロシア語と英語が上手でした。製造現場を見せますよと言われ、案内してもらいました。お客さんは我々のほか、もう一組だけでしたが、暖かくなると賑わいそうです。

     

Copyright(C): 延吉市永昌商務信息咨詢有限公司