2013年10月24日付 延辺日本人会ニュース

■延辺の気候
今日の最高気温は11度、最低気温は4度です。10月中旬からは床暖房が入りまして室内温度は28度近くまで上がって半袖で過ごせます。長春・ハルビン・瀋陽などの地域は空気汚染で曇った状態ですが、延辺地域は青空の天候です。(事務局)

■人材募集案内
日本独資<延辺愛光汽車>で社員を募集します。
募集条件:20〜30代の健康で、明るい男性(漢族大歓迎)で製造業に関心を持っている方
連絡先:倉永社長 135-9171-7827(日本語)  0433-4343005(中国語)

■延辺ニュース

【延辺日本人会総会】

9月14日(土)に延辺日本人会総会が「多来包飯」にて開催されました。長春商工会より2名のお客様、延辺大学留学生等総勢30名で大変に盛り上がりました。総会の中で、延辺日本人会の会費改定および日本人会 ニュースの今後の扱いについての説明もありました。次回は2014年1月に新年会を計画する予定です。(事務局)
 

【延辺日本人会ゴルフ大会】

総会の翌日15日、龍井海蘭江ゴルフ場で第三回目の延辺日本人会ゴルフ大会が実施されました。参加人数は少なかったですが、最高の天気で、楽しかったです。(事務局)
 

【鹿児島県鹿屋市役所3名延吉訪問】
10月14日から19日の日程で訪問されました。目的は鹿屋市と延吉市の間で民間レベルでの文化交流が出来ないかを調査するためです。鹿屋市にある鹿屋体育大学は日本唯一の国立体育大学で、延辺大学からも十数名留学しています。今回の訪問で鹿屋体育大学の卒業生と14年ぶりの再会が出来た事、延辺大学訪問、日系企業訪問、延辺日中文化交流センター・延辺日本人会との懇談会、博物館・ゴルフ場・バトミントン会場の視察等より延吉市の理解に繋がったと思います。今後の鹿屋市との交流発展に期待します。(事務局)
 

【日本文化体験-風呂敷・藍染・お守りつくり】

10月19日〜20日、国際交流基金と延辺ふれあいの場の主催で延辺大学で200名の学生たちが集まり、風呂敷・藍染・お守りつくりなどの日本文化体験をし、楽しい時間を過ごしました。(事務局)
 

【延吉空港、国際線顧客数で東北第1位に】
2012年、延吉空港国際航空便の顧客は延人数で39万人に達し、省都である長春市を超え、東北3省のうち第1位を占めました。現在延吉空港は毎日平均3本の航空便が韓国、ソウルに行き来します。その他、済州島、清州、釜山とロシア・ウラジオストク直航便も開通しています。 延吉空港は、国際線の飛行機チケットを割引することが殆どなく、 ソウルを出発する航空便は、昨年の座席切符販売率が92%に達しました。統計によれば、2001年から2012年まで延吉空港の国際航空便旅客流動数はおよそ40倍に増えました。 (吉林新聞 2013年10月21日)
 

【龍井市三合鎮の<望江閣>が完成】
三合鎮の<望江閣>が約2年間の改築工事を経て9月に完成しました。現在は関連部門の最終点検待ちです。新しい展望台に登ると対岸の北朝鮮会寧市全景が一望できます。来年からは入場券が要求される人気の観光スポットになる見込みです。(事務局)

■為替レート
日本円と人民元の交換レート:1万円=616元(10月18日民間両替)

韓国ウォン:1万ウォン=57.1元(10月23日民間両替)
朝鮮ウォン:1元=1500ウォン (8月25日羅津市場)

100USD=608RMB (10月23民間両替)

9月14日(土)<多来包飯>で、延辺日本人会総会集合写真 9月15日(日)海蘭江ゴルフ場で、延辺日本人会ゴルフ大会 鹿児島県鹿屋市の訪問団と記念写真 延辺大学から鹿屋市国立体育大学に留学していた学生と14年ぶりに延辺で再会
三合鎮に改築された新しい<望江閣> 日本文化体験    

Copyright(C): 延吉市永昌商務信息咨詢有限公司