2012年6月11日付 延辺日本人会ニュース

■延辺の気候

晴れれば夏のように暑く、曇れば寒い、不思議な天気です。雨が降ったかと思うと晴れたり不安定な天気が続いています。先日羅津まで行って見ると、羅津側は雨が多いとの事でした。直線距離はいくらもありませんが、不安定な天気は場所によっても違っているようです。

■延辺ニュース
【中国図們江地域(琿春)国際合作モデル区がスタート】
2012年4月13日、国務院は《中国図們江地域(琿春)国際合作モデル区の建設を支持することに関する若干の意見》を発表し、吉林省、琿春市に《中国図們江地域(琿春)国際合作モデル区》を設立することに同意しました。5月29日午前、中国図們江地域(琿春)国際合作モデル区のスタートおよび琿春市重点プロジェクト施工式が琿春市長春欧亜集団ショッピングセンタープロジェクトの現場で盛大に挙行されました。(吉林新聞 2012年5月29日)

【大学入試、試験場前の餅張り付けが今年も】
2012年大学入試の初日となる6月7日朝、外では雨が降り天気も陰気だったが、大学入試が行われる延辺一中と延辺二中など延吉市の大学入試会場は朝早くから行き来する人々でごった返しました。毎年見られる延辺特有の独特の大学入試風景である試験場前の餅張り付け風景が、今年も例外なく見られました。(事務局)

【羅津でこどもの日の行事を見学】
6月1日のこどもの日は、毎年公園や広場が多くの子供連れで賑わいます。延辺も朝鮮も同じらしく、今年は羅津でこどもの日の行事を見ることになりました。競技場に多くの子供達が集まり、演技をしています。それを見に集まった家族、飴や氷、ジュースを売りにきた商売人たちで、羅津競技場は非常に賑わっていました。(事務局)

【綺麗になった夜行バスの車体】

3月にも夜行バスで丹東へ行きましたが、今月また丹東に行く機会がありました。最近の夜行バスは綺麗で、一昔前に比べると快適です。途中の休憩所で瀋陽-鶏西など、たくさんの夜行バスを見かけました。どれも綺麗な車両を使っている事に感心しました。(事務局)

【瀋陽で地下鉄が開通】

丹東の後瀋陽に寄ってみたら、地下鉄が開通していました。前から話しが出ていたので、北駅の前の地下鉄の駅に降りてみました。できたばかりの地下鉄の駅は綺麗でした。東西と南北の2本が走っています。これによって、少しは瀋陽の渋滞も改善されるのでしょうか。(事務局)

■為替レート

日本円と人民元の交換レート:1万円=795元(6月11日民間両替)

韓国ウォン:1万ウォン=54.30元(6月11日民間両替)

朝鮮ウォン:1元=740ウォン (6月2日羅津市場)

100USD=633RMB (6月2日民間両替)

羅津通信センター

羅津通信センター

入り口に「国際インターネット通信を始めます」と料金表が貼られていました。

羅津競技場

子供の日の行事が実施されています。

羅津ホテル

前のコンクリート舗装がやり直されているように、街中でこのような工事をたくさん見かけます。

温室で栽培されていた「金正日花」

日本の植物学者がベゴニアを基に開発して朝鮮に送ったものです。

     

Copyright(C): 延吉市永昌商務信息咨詢有限公司