2012年5月7日付 延辺日本人会ニュース

■延辺の気候

朝晩は未だ肌寒く感じますが、昼間は暖かいです。先週は最高気温が25℃でした。道路の両側には杏の花が咲いていて、とても綺麗です。

■延辺ニュース

【延辺日本人会総会に39名が出席】
4月22日延吉韓城賓館で開かれた延辺日本人会総会には39名の方が参加されました。延辺大学日本語学部・日本人留学生、日系企業関係者、延辺政府関係者、地元企業関係者など多くの方が集まって情報交流を行いました。(事務局)
 

【延辺日本人会会員の神崎さんが助学金を発給】
延辺日本人会会員の神崎さんは去年9月から延吉市興安小学校の2名の学童に助学金を発給し続けています。先日は学生の学校を訪ねて授業を見学し、担任先生に会って学生の勉強・生活状況などを把握したり、食事に招待するなど大変暖かい支援を送っています。 (事務局)
 

【物価上昇でレストランの価格も値上がり】

物価上昇が全国に広がり、延辺にも大変影響が出ています。レストランの料理価格も一年前に比べて半値近く値上がっています。原材料・人件費などの上昇が原因で仕方がないことですが、外食が好きな延辺人にとっては毎回メニューの値段表示がとても気になります。(事務局)


【延辺の朝鮮族人口の割合が減少】
2010年延辺の総人口は227万 800人、このうち朝鮮族の常住人口が 73万 6900人で延辺の総人口の32.45%を占めています。吉林省の朝鮮族人口も10年間で10万人減少したものと集計されました。その影響で、去年から延辺の朝鮮族学生が漢族小学校に入るのも大変厳しく制限されることになりました。 (吉林新聞 2012年5月3日)
 

【延辺60周年慶祝開幕式公演《延辺賛歌》】
延辺自治州創立60周年慶祝行事開幕式大型広場芸術公演《延辺賛歌》の練習が、5月6日から延吉で始まります。全て学生たちと部隊将兵らで編成された公演団の《延辺賛歌》は、今年9月3日午前9時30分、自治州創立60周年慶祝行事の開幕式に姿を現わします。(吉林新聞 2012年5月5日)


【日本独資企業、3億元自動車部品プロジェクト、延吉で着工】
5月4日午前、日本の独資企業・延辺愛光自動車部品有限公司自動車付属品加工プロジェクトの着工式が、延吉国家ハイテク産業開発区で行われました。このプロジェクトが生産に投入されれば、年間販売額2億元に利潤税金額4365万元を実現すると同時に、500人の就業問題を解決することが出来、延吉市の経済発展に大きな推進の役割を起こす見通しです。
(吉林新聞 2012年5月4日)

 

■為替レート

日本円と人民元の交換レート:1万円=780元(5月7日民間両替)

韓国ウォン:1万ウォン=55.60元(5月7日民間両替)

朝鮮ウォン:1元=670ウォン (羅津市場3月22日)

100USD=627RMB (5月7日民間両替)

延辺日本人会総会に39名が出席

4月22日、延辺日本人会総会が延吉の韓城賓館で開かれました。

延辺日本人会会員の神崎さんが助学金を発給

学生の保護者が神崎さんに感謝状を贈りました。

延辺州創立60周年慶祝行事開幕式大型広場芸術公演「延辺賛歌」の練習が5月6日から延吉でスタート

写真は延吉市公園前の延辺自治州成立60周年記念マーク(つつじ・長白山天池・民族舞サムノリ)

龍井農家の食卓

地鶏、山菜、豆腐、キムチなどです。

延辺の海蘭江ゴルフ場

韓国真光グループの投資で建設され、現在東北地方で最大のゴルフ場です。ゴルフ場の敷地面積は150万u、36ホールで構成されており、マウンテンコース・リバーコースの2種類のコースが楽しめます。

     

Copyright(C): 延吉市永昌商務信息咨詢有限公司