2011年9月17日付 延辺日本人会ニュース

■延辺の気候

9月も中旬となり、吐く息が白くなりました。朝晩の寒さが増し、あと2週間もすれば冬の雰囲気となる季節です。

■行事

【延辺日本人会総会】

日時:9月24日(土)

場所:琿春市

集合時間と場所:朝8時50分 延辺大学正門前 (朝9時琿春へ出発〜午後4時延吉着)

当日会費:50元

 

【ゴルフ大会】

日時:9月25日(日)

場所:延辺海蘭江ゴルフ場
連絡先:延辺日本人会  TEL:0433−2738336   139−4439−5303


■延辺ニュース

【第一回羅先国際商品展示会】
8月22日−25日、朝鮮羅先市で、国際商品展示会が開催されました。場所は先峰の、旧革命史跡館です。多くの人で賑わい、前には屋台もでていました。外国人の入場料は50元と、ちょっと高めでした。朝鮮への入国手続きの関係もあり、来ているのは外国人よりも朝鮮の方の方が目立ちました。出展企業は、一番多いのが中国企業、その次が朝鮮企業でした。今後毎年実施される見通しです。(事務局)

【北朝鮮・羅先経済貿易地帯の特殊納税恩恵政策】
9月7日北朝鮮商務の日、羅先特別市税務局で納税恩恵政策に関連した紹介パンフレットを発給しました。詳細はhttp://www.searchnavi.com/~hp/chosenzoku/news10/110908-2.htm をご参考ください。

【第7回中国延吉図們江地区投資貿易博覧会】

8月下旬には、毎年恒例の延吉での投資貿易博覧会が実施されました。ここ数年見に行く事もなかったのですが、初期の頃と比べるとずいぶんきれいになっていました。日本からは新潟県、市、秋田県など、複数の参加がありました。入場料は必要なく、この場所で商品を販売するブースもたくさん見かけました。毎年これに出展した後長春に移動し、長春での博覧会出展と言う形をとる企業も少なくありません。(事務局)

【第7回中国吉林東北アジア投資貿易博覧会】

今年は少し開催が遅くなり、9月7日から10日の実施となりました。場所はいつもと同じ、長春市内です。北京中央商務局の主催と言うだけあり、毎年かなりの規模での開催となっています。入場料は必要なのですが、招待されて入ったので、金額はわかりませんでした。日本、朝鮮、モンゴル、ロシアなど、国別に出展ブースが分かれています。多くの来客と共に、非常ににぎやかな雰囲気でした。日本ブースは県レベルの参加もあれば企業もあり、乾燥なまこを持って来た秋田の企業にお客さんが集まっていました。(事務局)

【日本国丹羽大使が延辺を訪問】

9月9日〜10日日本国丹羽大使が延辺を訪問されました。10日のお昼は延辺日本人会の方と交流し、午後は延辺大学を訪問されました。(事務局)

■為替レート

日本円と人民元の交換レート:1万円=823元(9月17日民間両替)

韓国ウォン:1万ウォン=57.80元(9月17日)

朝鮮ウォン:1元=380ウォン(羅津市場7月7日)

100USD=634RMB (9月16日民間両替)

 
           
   
  第一回羅先国際商品展示会会場 第7回中国延吉図們江地区投資貿易博覧会会場 第7回中国吉林東北アジア投資貿易博覧会 延吉展示会での、新潟県ブース  
           
   
 

東北アジア投資貿易博覧会での日本ブース

       
           

Copyright(C): 延吉市永昌商務信息咨詢有限公司