2011年8月10日付 延辺日本人会ニュース

 

■延辺の気候

8月に入って、蒸し暑くなりました。7月は毎日良く晴れていましたが乾燥して肌寒く、秋かと思いましたが、ようやく夏が来たようです。例年であれば、8月になれば秋です。今年は季節が少し遅れて変化しています。8月8日が「立秋」でした。この暑さも、そんなに長くは続かないのかもしれません。

 

■行事

延辺日本人会総会(※24日と25日の日程が入れ替わりました)

9月24日(土)  延辺日本人会総会  場所:琿春市

9月25日(日)  ゴルフ大会   場所:延辺海蘭江ゴルフ場
連絡先:延辺日本人会  TEL:0433−2738336
詳細は次回のニュースでお知らせいたします!
 

■延辺ニュース

【観光客でにぎわう夏の長白山】

8月6日(土)お客さんを案内して長白山に行きました。今年は観光客が多いと聞いていましたが、その人手は想像以上でした。10時に山門に着き、入山切符を買うのに1時間半。更に山門から入る列が1時間。10回以上長白山には来ていますが、切符売り場に列ができているのを見たのは、これが初めてです。週末と言う事もあったかも知れませんが、このぐらい、この夏はお客さんが来ているようです。かつては韓国のお客さんが多かったのですが、今は大半が中国南方からです。山門から入った後も、どこに行っても人でごった返していました。天池に上がるジープの切符売り場も、すごい行列です。天池に行くのはあきらめ、滝の周りを散歩して、帰途に着きました。暑さと人の多さを考えたら、長白山観光は9月中旬以降がお薦めです。少し寒くなりますが、気候が安定し、秋の紅葉が美しい時期です。(事務局)
 

【2011‘延辺の夏中国図們江文化観光節’ 】
2011“延辺の夏中国図們江文化観光節が、延辺朝鮮族自治州の辺境都市・図們市で8月8日から開かれ、図們江彫刻公園が落成し、数千名の観光客と対面しました。


【韓国東大門衣類協会、延吉市韓国街で商品直取引を本格稼動】
8月6日、延吉市白山ホテル国際会議ホールで、延辺羅来百貨有限公司ショッピングタウンと韓国政府東大門衣類協会中国支社が直取引調印式を行い、今年12月にオープンされる延吉韓国街が名実共に東北3省で史上初めて、韓国との直取引市場に浮上する兆しを見せています。(黒龍江新聞 )

【第一回朝鮮羅先商品展示会兼投資フォーラム】
8月22日−25日、先峰国際展示場で開かれます。国内企業、国外企業が多数参加の予定です。この期間に、日本人の羅先ツアーも予定しております。延吉にいらっしゃる方、こられる方、興味をお持ちの方は事務局にご連絡下さい。(事務局)

【再びすすむ円高】

再び円高が進んでいます。円を両替される方、中央郵便局南側の農業銀行内の民間両替がお薦めです。

■為替レート

日本円と人民元の交換レート:1万円=813元(8月6日民間両替)

韓国ウォン:1万ウォン=58.30元(7月18日)

朝鮮ウォン:1元=380ウォン(羅津市場7月7日)

100USD=643RMB (8月6日民間両替)

 

■ガソリン、軽油の値段(6月1日から)

93号-7.27元/リットル

97号-7.89元/リットル

0号-7.04元/リットル

35号-8.08元/リットル

90号-6.78元/リットル

 
           
   
 

長白山山門。切符売り場、山門ともに同じ場所にあり、大混雑。山門から中に入った後、専用バスでの移動となります。バスの台数に限りがあるため、来場客をさばききれず、切符の販売、入場で調整しているために混雑が発生します

天池行きジープの切符売り場。ここもまた大混雑。我々は並ぶのはあきらめ、眺めて通りました

 

長白瀑布。これだけ観光客がいる滝を見たのも初めて

長白瀑布を見学し、バス乗り場に戻る途中で  
   
 

山門を出てたところ。16時ごろ門を出ると、来る時の行列がうそみたいに静かになっていました。この日、長白山に来た人は、我々同様、天池まで行かなかった人も少なくなかったかもしれません

       
           

Copyright(C): 延吉市永昌商務信息咨詢有限公司