2011年6月9日付 延辺日本人会ニュース

 

■延辺の気候

今日の最高気温23度、最低気温13度で、日の出3時41分、日の入18時57分です。6月の初旬は雨でしたが、今週からは晴れの日が続いています。

 

■行事

第二回<延辺ジャパンデー>−[延辺ふれあいの場]創立3周年記念行事

6月13日(月) 朝8:30〜17:00  場所:延辺大学美術学院学術報告庁1F

詳細は案内文をご覧ください。

■延辺ニュース

【日本人会総会】

5月29日(日)に開催された延辺日本人会総会には瀋陽日本領事館を始め、40名の方が参加されました。次回の総会は9月初旬を予定していますが、琿春市で開催されます。

【2011年大学入試】

毎年6月7日〜8日は中国の大学入試日です。今年の延辺州大学入試受験生数は1万3232人で、吉林省の大学入学率は76%です。中国の少数民族受験生は母語で受験すると、10点加算されます。

【朝鮮族学生の漢族学校入学ブームが冷める】
朝鮮語に長けており、漢語に強く、外国語まで上手にこなす朝鮮族学校の学生たちは、大学や就職、社会生活で優位性が引き立って見え、国際化、多文化時代に相応しい人材を育成する朝鮮族教育の強みと魅力は、漢族学校入学ブームを沈静化させ、漢族学校の朝鮮族学生たちの足を引き戻すだけでなく、他民族の学生たちまで吸引しています。 (延辺日報 2011年6月7日)

【琿春、石炭海上輸送費用をトン当たり60元節減】

琿春-北朝鮮・元汀里-羅津港をつなぐ道路が、まだ大規模な物流運送が難しい非舗装道路であるため、日本海海路が本格稼動出来ずにいますが、今年末に工事が完工すれば、来年からは羅津港を通した日本海海路が本格稼動する見通しです。そうなれば、遼寧省の大連港や鉄道だけに依存してきた琿春の石炭輸送は、これまでと違い物流費を大幅に節減することが出来、琿春をはじめとする図們江流域の豊富な地下資源や穀物が、運送費を節減して大挙南方へと運送出来るものと展望されます。
(延辺日報  2011年6月2日)


■為替レート

日本円と人民元の交換レート:1万円=801元(6月8日民間両替)

韓国ウォン:1万ウォン=58.8元(6月8日)

朝鮮ウォン:1元=400ウォン(羅津市場5月15日)

100USD=648RMB (5月4日民間両替)

 

■ガソリン、軽油の値段(6月1日から)

93号-7.27元/リットル

97号-7.89元/リットル

0号-7.04元/リットル

35号-8.08元/リットル

90号-6.78元/リットル

5月29日 延辺国貿科技農業園で開催された延辺日本人会総会記念写真 5月29日の延辺日本人会年総会では<東日本大震災への義援金>として会員の年会費からわずかな金額ですが、瀋陽日本領事館の担当者に伝達しました。 田植えが終わった有機農水田−安図県石門鎮 6月5日 大根畑(大根種を韓国に輸出)−安図県石門鎮 6月5日

Copyright(C): 延吉市永昌商務信息咨詢有限公司