2011年1月31日付 延辺日本人会ニュース
 
新年おめでとうございます!
元旦が過ぎ、今年は2月3日が春節です。2011年度、延辺日本人会ニュースの配信を始めます。今年もよろしくお願いいたします!

■延辺の気候

今日の最高気温−5℃、最低気温−19℃、日の出6:38分、日の入り16:32分です。昨日まで冷え込んでいましたが、今日から少し暖かくなる模様です。また、春節前後の天気は、良好との予報です。(事務局)

■延辺ニュース

【延辺日本人会新年会】

1月16日、延辺日本人会の新年会を開きました。瀋陽日本総領事館からは総領事も見えました。他にも北京から、日本から、いろいろな方に出席していただき、約50名が集まりました。これほどのメンバーが集まるのは久しぶりの事です。今年もニュースの配信、様々な活動を実施していきますので、よろしくお願いいたします。
 

【帰省ラッシュ】
2月3日のお正月を前に、あちこちで帰省ラッシュとなっています。延吉に入ってくる飛行機はほぼ全便満席。鉄道、長距離バス共に、非常に込み合っています。1月27日、長春からバスで延吉に帰りました。1日に十数本ある延吉行きのバスですが、早朝切符を買いに行ったにも関わらず、3時間先まで満席でした。 (事務局)


【延吉市、不良タクシー情報を提供すれば100元奨励】
タクシー業に対する監督管理を強化するため、延吉市ではタクシーがお客の搭乗を拒否したり料金メーターを使わなかった場合、市民がこれを情報提供(電話:0433-5007219)すれば、調査確認後、毎回100元の奨励をします。 (吉林新聞 2011年1月14日)


【鉱山投資でウランバートルにも活気】

先日、モンゴル、ウランバートルへ行ってきました。ウランバートルで事業をされている日本の方々とも連絡を取り合っており、時々情報交換をしています。長吉図の開発計画同様、ウランバートルも活気が出始めているようです。鉱山投資関係のお金がだいぶ入っているのが原因です。延辺同様、今後の変化が大きそうな雰囲気でした。(事務局)


【琿春の石炭、北朝鮮・羅津を経て上海に到着 】

琿春鉱業グループで生産した1万 7000トンの石炭を積んだ中国初の国内貿易貨物海外輸送貨物船の<金博号>1万トン汽船が1月11日10時30分、北朝鮮の羅津港を出港、14日午後、上海・浦東港に無事到着しました。今回の通路の開通は、石炭問題を解決しただけでなく、一本の新しい海上通路を開通させ、吉林省周辺の地域全てからこの通路を利用して貨物を南方各省へ輸送することが出来るようになったことを意味します。(黒龍江新聞 ユン・ウンゴル記者 2011年1月17日)


■為替レート

日本円と人民元の交換レート:(民間両替)1万円=796元(1月31日)

韓国ウォン:1万ウォン=56.8元(1月18日)

朝鮮ウォン:1元=460ウォン(羅津市場1月18日)

100USD=660RMB(民間両替)(1月31日)

100元=475ルーブル(ウラジオストク)(12月20日)

 
   
 

瀋陽日本総領事館の賀詞交換会

1月14日。延辺からの参加者です

延辺日本人会新年会

1月16日 に韓城賓館で開かれました。

正月料理の食材

春節のために食材を買い込む人を対象に、路上でもこのように販売されています。多くの方が仕入れをする時期だけに、値段も安くはありません。

正月飾り

西市場で。春節の飾りで使う赤い紙やちょうちん、大量に売られています。
 

 

Copyright(C): 延吉市永昌商務信息咨詢有限公司